浴槽塗装のDIYと業者への依頼、おすすめの方法はどっち?

古くなった浴槽をきれいにするために、浴槽塗装を検討している人のなかには、「自分でできるならやってしまいたい」と考えている人もいるでしょう。
とはいえ、浴槽塗装は、塗装のなかでも特に難易度が高い施工です。

浴槽塗装をDIYで行うのか業者に頼むのかを判断する際に考慮したい、それぞれの方法のメリット・デメリットをご紹介します。
自宅の浴槽塗装を検討する際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

浴室塗装の方法

古くなって劣化した浴槽を塗装するには、養生やヤスリがけ、ヒビの補修、そして上塗りと多くの作業が求められます。
それを踏まえて、DIYでの浴槽塗装と業者による浴槽塗装、それぞれの方法のメリット・デメリットを比較してみましょう。

方法①DIYを個人で行う

個人で浴槽塗装を行う前に注意しておきたいのは、浴槽塗装は非常に難易度が高いということ。
ある程度塗装の経験があっても、きれいに仕上げたり、短期間で剥がれないように仕上げたりすることは難しいものだと覚えておきましょう。

個人で塗装する手順

  1. 必要な道具や塗料の購入
  2. 下地の処理
  3. マスキング
  4. 先塗り、全体塗り
  5. 乾燥
  6. 2度塗り
  7. 乾燥

塗料を乾燥させるのには、最低でも8時間から10時間が必要です。
さらに、乾燥後も完全に硬化するまでには、3日~1週間程度の時間がかかります。
塗装後に浴槽を使用する場合は、清掃も含めて注意して使用しましょう。

業者に依頼するのであれば、費用は15万円から25万円程度かかってしまいます。
しかし、個人で実施すれば、道具と塗料の購入に必要な2万円前後の費用で済み、予算面で大きなメリットとなります。

とはいえ、浴槽塗装は非常に難しく、個人で対応すると、早期に剥がれやすくなってしまうなどのデメリットもあります。

方法②業者に依頼する

浴槽塗装を業者に依頼する場合、ある程度の経験と実績のある業者を探して依頼します。

工事中は2日から3日ほどは浴室が使えなくなりますので、銭湯などを利用する必要があります。
ですが、業者に依頼すれば、下地の処理から塗りまでのすべての工程を、責任を持って対応してもらえます。

面倒な塗装の全行程を任せられ、自身の手を煩わせることなく美しい仕上がりが手に入り、さらにはアフターの対応までしてもらえると言うのは、業者による浴槽塗装の最大のメリットです。
非常に難しい浴槽塗装ですので、経験豊富な専門業者に任せた方が、仕上がりの満足度は圧倒的に高くなります。

その分、技術料なども含めて費用が15万円から25万円ほどかかってしまうのはデメリットに感じる方もあるかもしれません。
また、高い技術を持った優秀な業者は少ないため、浴槽塗装を依頼しようと思っても思ったように引き受けてもらえないことがあるというのも不便です。

 

DIYと業者はどちらがおすすめ?

非常に難しいとは言っても、浴槽塗装はDIYで対応できないものではありません。
DIYがおすすめの人と、業者に頼んだ方が良い人とがいますので、塗装したい浴槽の状況と自身のスキルに合わせて、方法を選択するのがおすすめです。

DIYがおすすめの人

浴槽塗装のDIYがおすすめの人は、塗装に慣れている人です。

元職人さんなどで経験を積んだ方なら、ひとまず施工できるでしょう。
浴槽塗装には必要な道具も多いものですが、そうした道具をしっかり揃えられ、きちんと使いこなせる人なら、浴槽塗装のDIYにトライしてみても良いでしょう。

業者がおすすめの人

浴槽塗装は、一般的な塗装の経験があったとしても、非常に難しい作業です。
多くの工程が必要で手間もかかりますので、不慣れな手つきでは、驚くほど時間がかかってしまう可能性もあります。
短時間できれいに仕上げたい、あるいは施工後にすぐ剥がれたときなどの保証が欲しいということであれば、業者に頼んだほうが確実です。

業者に依頼すれば、DIYで対応するよりもきれいに仕上げてくれ、手間もかかりません。「塗装は未経験」「とにかくきれいに早く仕上げて欲しい」「DIYをするほど時間を確保できない」といった方は、迷わず業者に依頼しましょう。

業者選びのポイント

浴室は、生活の中でも重要なスペースです。
浴槽塗装を依頼するなら優秀な業者に依頼したいという方も多いでしょう。

こちらの記事では、業者に依頼する際に抑えておきたいポイントをお伝えしています。
気になる方は是非ご覧ください。
浴室の天井塗装をするならいつがベスト?良い業者選びって?

浴槽塗装は、時間と技術があるならDIY、難しいなら業者依頼

浴槽塗装はDIYで対応することで、費用を大幅に抑えることが可能です。
ある程度の時間がしっかりと確保でき、それなりに塗装の技術や知識を持っている人であれば、DIYという選択肢も良いと言えます。

しかし、「新品のように仕上げたい」「剥離などのトラブルも保証してもらいたい」という場合には、経験と実績を持つ確かな業者に依頼するのがおすすめです。

DIYの時間が確保できない場合も同様です。
無理せず納得のいく浴槽塗装を叶えましょう。

バスシステムデザイン研究所では、浴槽塗装によるリフォームで数多くの実績を出しています。
短期間、低コスト、高品質のリフォーム業者をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

浴槽塗装にかかる費用とは?自分でできるものなの?

浴槽に黄ばみが出た際の解消方法とは?交換や塗装にかかる費用

戸建ての浴室をリフォームする方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP