浴槽塗装にかかる費用とは?自分でできるものなの?

浴槽が古くなってきてしまったら検討するのは入れ替えや塗装です。
自分でやってしまえば安く済みますので、検討される方も多いようです。

しかし、浴槽塗装はDIYでできないことは無くても、非常に難しく技術や知識が必要不可欠です。

浴槽塗装についてご紹介しますので、自分でやるか依頼するかの判断材料にしてみましょう。

 

浴槽塗装にはどれくらいの費用がかかる?

さまざまな理由でいざ浴槽塗装に手を出す前に、まずは費用を把握しておく必要があります。
そもそも高い技術を必要とする浴槽塗装を個人でDIYをするのは可能なのかといった部分も解説していきます。

個人で行う場合

個人でDIYをするなら当然材料費用だけで済みますので、浴槽塗装にかかる費用は塗料やパテ、やすり代の2万円前後です。
しかし、全く簡単なものではなく、塗料の硬化にかかる時間を考慮したり、入念な下地処理、下塗り、パテ補修、上塗りと作業が非常に多かったりと個人で実施するのには骨が折れる作業です。

浴槽塗装のDIYは可能と言えば可能です。
しかし、仕上げの上塗り作業はプロでも非常に難しい作業ですので、塗りなおしなどを考えるとプロに任せてしまったほうがかえって安価で済みます。

業者に依頼する場合

浴槽の塗装を実際に依頼するとなると、その費用は15万円から25万円前後と個人で塗装をするよりもはるかに高額になるように見えます。
しかし、浴槽塗装とは非常に高い技術が必要とされ、剥がれないように塗装するのは決して簡単な作業ではありません。

適切な業者であれば万が一保証期間内に剥がれてしまっても無償で対応してくれます。
当然のことですが、業者に依頼するのであればその技術料やこうした保証料も入ってきますので、それなりに金額は必要です。
とはいっても浴槽交換は10万円から50万円前後の金額が必要ですので、そう考えると安価で済む方法といえるでしょう。

 

浴槽塗装はプロに任せたほうがいい?

浴槽塗装は自分でやろうと思って全くできないものではありません。
しかし、塗装自体に高い技術が必要とされ、経験のほかにも専門的な知識が必要ですので、非常に難易度の高い作業です。
塗装が苦手な人は勿論ですが、ある程度DIYができるからといって安易に手を出すと、すぐに塗装が剥げてしまうなどのトラブルに発展してしまいます。

いざ塗装を始めようと思っても塗って終わりではありません。
塗装を始める前に下地処理を実施し、浴槽についているヒビ割れや傷を補修します。
そして塗装が付いてしまったら困る箇所をマスキングします。

その上で下塗りを実施し、最低でも8時間は乾燥させ、さらにやすりをかけるなどが必要です。
最後に上塗りをしますが、上塗りも乾燥に8時間かかり、この作業を2回実施する必要があります。

これだけの工程があり手間も時間もかかるのに、新品のような美しい表面は素人で再現することは難しいでしょう。

せっかくここまで時間をかけて塗装をしたのに数日程度で剥がれてしまっては、目も当てられません。
浴槽塗装のように難易度の高い作業は、ある程度実績を持っているプロの業者に依頼したほうが確実と言えます。

万が一のときに保証があるのも業者に依頼するメリットです。

業者に依頼する際のポイント

浴室塗装を業者に依頼する際、見積もりを取ると想像よりも高額だった、という方もいらっしゃるでしょう。
実は、優良な業者を見分けるのにもポイントがあります。

こちらの記事では、そういったポイントはもちろん、費用を抑えるポイントも記載しております。
今後、浴室塗装を業者に依頼する予定がある方は、是非ご覧ください。
浴槽塗装の業者を選ぶときに注意しておきたいことは?

 

浴槽塗装を行う際の注意点

リフォームの費用を節約するために浴槽塗装を検討しているのなら、いくつかの注意点をおさえておきましょう。

まず、外壁塗装などの一般的な塗装とは施工方法が違う点に注意が必要です。
浴槽は湿気が多いため、通常の建築塗装とはノウハウが異なります。
浴室塗装を専門にしている業者に依頼しても十分コストは抑えられますので、安いからと専門外の塗装屋さんに依頼せず、浴室塗装専門の業者を頼りましょう。

続いては浴槽の破損具合です。
浴槽の損傷がひどいのであれば、塗装をしても亀裂や大きなヒビをカバーできません。
浴槽の状態が酷いのであれば、塗装よりもリフォームや入れ替えが適切です。

さらに浴槽の素材にも注意が必要です。
ステンレスやタイルといった素材は塗装ができない場合が多く、浴槽塗装自体できないという場合もあります。
塗装を検討している浴槽がどんな素材で、塗装が可能なのかもしっかり業者の人に確認しておきましょう。

 

浴槽塗装は専門技術が必須

DIYで浴槽の塗装にチャレンジしても問題がないと言えるのは、元職人や、板金塗装などの塗装関係の仕事をしていてある程度の技術や経験、知識が備わっている人です。
そうでないのなら、多少塗装が得意であっても自分で浴槽を塗るのはおすすめできません。

浴槽の塗装は依頼しても15万円から25万円程度で、入れ替えやリフォームに比べて低コストでできます。
浴槽塗装で価格以上の仕上がりを期待したいのなら、ぜひバスシステムデザイン研究所のヌリフォームⓇをご依頼ください。
価格以上の美しい仕上がりでご満足いただけます。実績も豊富なので、安心してご依頼いただけます。

関連記事

浴槽塗装のDIYと業者への依頼、おすすめの方法はどっち?

戸建ての浴室をリフォームする方法

浴槽を新品同然に?汚れ対策もできる浴槽コーティングとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP