浴室をリフォームする際にかかる費用

はじめはピカピカだった浴室も、住宅が築10年を過ぎる頃にはカビや汚れが目立ってきたり、塗装がはがれてきたりするものです。
しかし、リフォームしたいものの、費用が気になってなかなか実行に移せないという方も多いでしょう。

そんな方のために、本記事では浴室のリフォームにかかる費用について解説します。
費用を抑える方法についてもご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

浴室リフォームの費用相場と施工期間

一般的な浴室リフォームするのにかかる費用相場は、60〜120万円程度です。

中でも、費用に影響する大きな要素は「お風呂のグレード」と「お風呂のサイズ」の2つと言われています。
設置するユニットバスがローグレードからミドルグレードであれば60~100万円前後で収まりますが、デザイン性と機能性を兼ね備えたハイグレードのバスとなると、150万円ほどかかることも珍しくありません。
これらはあくまでもタイルの張り替えやユニットバスの入れ替えを行うための費用なので、追い炊きや浴室乾燥など他の機能を付けるとなると、さらに費用がかさみます。

施工期間は平均的に3~10日間ですが、現在のお風呂がユニットバスであるかどうかによって差が出ます。

ユニットバスの入れ替えだけであれば、長くても5日間ほどで完了します。
一方、初めてユニットバスを導入する場合や、在来浴室を維持したままリフォームをする場合は5~10日ほど見ておきましょう。

一戸建て住宅の浴室リフォーム費用

一戸建て住宅の場合、100〜120万円前後が相場となります。

一戸建ては、マンションなどと比べると浴室が広く、浴槽も大きいのが一般的です。
また、リフォーム内容に制限がなく、選択肢も多いので、オプションが増える傾向があるのです。
とはいえ、もちろんシンプルなリフォームで費用を抑えることも可能です。

依頼する住宅メーカーや専門業者に相談してみましょう。

マンション住宅の浴室リフォーム費用

マンションの浴室の費用相場は、70〜100万円です。

一戸建てと比べると浴室自体が狭く、変更できる内容も少なくなります。
一方で、最近はマンションにも導入できる高機能モデルも発売されています。

ハイグレードを希望される方は、そちらも視野に入れて検討しましょう。

浴槽の素材別のリフォーム費用

浴槽の素材はいくつもありますが、中でも代表的なものをまとめました。
それぞれの特徴と、リフォーム費用について見ていきましょう。

素材①FRP

FRPとは、ガラス繊維強化プラスチックのことです。
最も一般的な素材で、安価でありながら耐久性や保温性に優れているのが特徴です。
簡単に塗装し直すことができるため、メンテナンス費用も心配ありません。
本体価格はグレードによって異なりますが、10〜30万円と手の届きやすい価格帯です。

素材②人工大理石

アクリルやポリエステルを使い、本物の大理石に似せて作られた素材です。
人工ならではのカラーバリエーションや耐水性で、天然よりも扱いやすく、選択肢の幅が広がるのも魅力です。
FPRと比べると、最低でも5〜10万円ほど高くなる傾向がありますが、アクリル系に比べるとポリエステル系は比較的安価で購入できます。

素材③ホーロー

輸入品に多く、ガラスコーティングされているため汚れや菌に強い上、保温性に非常に優れています。
ガラス特有の光沢感を楽しむことができますが、メンテナンスを怠ると錆が生じたり、そもそも重さの関係で設置できない場所があったり、と条件があるため注意が必要です。
量産できないため、50〜100万円前後と他の素材に比べると高額になります。

素材④木製浴槽

木独特の香りと温かみを感じられる木製浴槽。
最近ではコーティング技術が発達し、木製浴槽のデメリットであったお手入れがしやすくなりました。
木製浴槽は、使用する木の種類で費用が大きく変動します。
椹(サワラ)であれば20万円前後からリフォームが可能ですが、ヒノキや高野槇などは100万円を超えることも珍しくありません。

オプション機能の追加による費用

浴室をリフォームする際、せっかくだからオプション機能を付けようと考える方も多くいます。
主なオプション機能の内容と費用について、以下にまとめました。

【浴室のオプション機能】

オプション機能 内容 費用
追い焚き機能 浴槽内に溜まったお湯の温度が下がってしまった時、お湯を温め直す機能です。 3〜4万円
浴室換気暖房乾燥機 浴室の換気、暖房、乾燥機などの機能が備わった機器です。

 

電気式とガス式があります。

7〜9万円
残り湯利用機能 残り湯を洗濯に利用する機能です。

 

壁の中を通して配管するため、ホースを出し入れする手間が省けます。

3〜4万円
浴室スピーカー・テレビ 浴室にスピーカーやテレビを設置するオプションです。 5〜15万円
ジェットバス 気泡を発生させて、リラックスタイムやマッサージが楽しめる機能です。 12〜14万円
ドア交換(折れ戸・開き戸) 洗い場が狭い場合、開き戸だと出入りしにくいので折れ戸に交換がおすすめ。 8〜12万円
手すり(1本) 浴室の壁に手すりを設置します。 1~2万円

 

こちらの記事では、浴室のリフォームを格安で行う方法を詳しく紹介しています。ご興味ありましたら、ぜひご覧ください。

浴室のリフォームを格安で行うには

浴室のリフォーム費用を抑えるには

浴室のリフォームは最低でも60万円前後、細かい部分を気にし始めると総額で100万円以上かかってしまうことも珍しくありません。
そこでおすすめしたいのが「エコバスリフォーム®」です。

これまで浴室のリフォームといえば、浴槽を丸ごと入れ替えるのが当たり前でした。
しかし「エコバスリフォーム®」はそんな概念を一変!
傷んだ箇所だけを補修して、新品同様に戻してくれるんです。
大掛かりな作業がないため施工期間は平均1〜3日間、ユニットバスの入れ替えと比べると半額以下でリフォームができます。

各メーカーとタイアップしているため、使用する部品や素材にも妥協はありません。
一般住宅から有名ホテルまで、20年以上かけて数万室の浴室リフォームを手掛けてきた「エコバスリフォーム®」だからこそできる、技術と価格設定です。

費用がネックになっているなら、予算に合わせた浴室リフォームを提案してくれるので、ぜひ検討してみてください。

いかがだったでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、浴室をリフォームする際の費用についてご理解いただけたと思います。
要望が増えてついつい高額になりがちな浴室リフォームですが、必要な部分を見極めることで費用をグッと抑えることができます。

費用を抑えて浴室リフォームを検討している方は、「エコバスリフォーム®」でさらに10年以上使えるお風呂に一新してみてはいかがでしょうか。

関連記事

浴槽の剥がれを補修できる塗装リフォームとは?

浴槽を新品同然に?汚れ対策もできる浴槽コーティングとは?

浴室のリフォームを格安で行うには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP