浴室のリフォームを格安で行うには

お風呂の劣化が気になっているけど、費用のことを考えるとなかなかリフォームできないという方は多いと思います。
実際「水回りのリフォームは高い!」なんて話をよく耳にしますよね。

しかし、ポイントを押さえておくことで、通常よりも安い費用で浴室をリフォームすることが可能です。

もちろん「ただ安い」というわけではなく、質もサービスも諦めずに理想を叶えることができるのでご安心くださいね。
今回は、格安で浴室のリフォームを行うポイントと、業者選びのコツについて解説します。

 

浴室リフォームの費用相場

一般的に、浴室をリフォームする際の費用相場は50〜150万円とされています。
とくに壁や浴槽だけでなく、浴室を丸ごと交換する場合は高額になります。

また、一戸建ては浴室に広さがある分、マンションの浴室リフォームに比べると高くなる傾向があります。
このように、さまざまな条件で浴室のリフォーム費用は異なるものです。

そのため、一概には言えませんが、まずはこの費用を基準に考えておくといいでしょう。

こちらの記事では、浴室をリフォームする際にかかる費用を詳しくご紹介しております。ご興味ありましたら、是非ご覧ください。

浴室をリフォームする際にかかる費用

 

浴室リフォームを格安で行うポイント

できるだけ費用を抑えて浴室のリフォームをするために、知っておきたいポイントがあります。

 

ポイント①浴室リフォームに強い会社を選ぶ

費用を抑えるには、浴室リフォームを専門に行っている、あるいはリフォーム実績の多い会社を選ぶのが基本です。
リフォームに必要な資材在庫を大量に抱えている会社ほど、格安で施工してくれる可能性が高くなります。

 

ポイント②工事費用に含まれる範囲を確認する

見積もりは、本体価格だけでなく工事費用まで含めて考えることが大切です。
いくら本体価格が安くても、工事費用まで含めると最終的に高額になるといったことはよくある話です。
複数の会社に見積もりを依頼する際は、同じ条件でお願いすると比較しやすくなります。

 

ポイント③リフォーム方法の選び方に注意する

リフォームには本体ごと交換する方法と、劣化が目立つ部分だけ補修する方法の2通りあり、格安でリフォームしたい場合は後者がおすすめです。
機能面に問題がある場合は交換となるケースが多いですが、最低限見た目をきれいにしたいということであれば、塗装のやり直しやシートの張替えだけで済むことがあります。

 

良い業者の判断基準

リフォームが満足のいく結果になるか、あるいは失敗だったと後悔するかは、業者選びによって決まると言っても過言ではありません。

とくに浴室のリフォームは、工事を進めていくうちに下地や配管などそれまで見えなかった部分にトラブルが見つかりやすく、追加費用が必要になるケースが多くあります。
そういった可能性も含めて詳しく説明してくれる業者は、信頼できる業者と考えていいでしょう。

 

悪徳業者に騙されないために注意したいこと

数え切れないほどのリフォーム業者があり、中には手抜き工事をしたり、法外な費用を請求する悪徳業者も少なからず存在します。
そのような業者に騙されないように、以下のポイントに注意しましょう。

 

注意したいこと①着工前に工事費を全額支払わないこと

まず第一に、工事が始まる前に全額支払わないことが大切です。
リフォーム業界では、着工前に全額支払ったにもかかわらず、一向に工事が始まらないというトラブルが跡を絶ちません。
気付けば業者と連絡が取れず、お金だけ取られたというケースが現実にあるのです。
そういったトラブルを避けるために、支払いは必ず複数回に分け、完成後に残金を払うようにしましょう。

 

注意したいこと②訪問営業をする業者を信用しないこと

自宅に訪問してきた業者にそのまま依頼するのは、非常にリスクが高いと言えます。
もちろん中にはいい業者もありますが、「このままでは危険」「今なら割引がある」などと、その場で契約を促すような業者は信頼できません。
基本的には、訪問営業は玄関先で断るのが原則ですが、万が一家に上げてしまった場合も「検討します」と言って一旦帰ってもらいましょう。

 

注意したいこと③見積もりで細かい内訳を出してもらうこと

見積書を作成してもらう際は、概算ではなく細かい内訳まで記載してもらいましょう。
業者によっては、ざっくりと概算だけを出して「大体これくらいでできますよ」などと提示してくる場合があります。
それでは、一体何にどのくらい費用がかかるか分からず、細かい説明を聞くこともできません。
最終的に高額な請求をされたとしても、泣き寝入りになってしまいます。

必ず詳細の載った見積書を作成してもらい、納得した上で契約することが大切です。

 

注意したいこと④必ず現場を見てから見積もりを出してもらうこと

現場を見ず、その場で契約を取り付けようとする業者は論外です。
そもそも正確な見積書というのは、現場を見ないことには作成できないものです。

また、リフォームは必ず予定通りに進むものではなく、途中で追加工事が必要になる可能性も大いにあります。
工事にどのような問題が起こりうるか、その時にはどのように対処するかなど、現場を見ながら1つずつ説明してくれる業者を選びましょう。

 

注意したいこと⑤必ず契約書を交わすこと

基本工事だけでなく、途中で必要になった追加工事に関しても、その都度必ず契約書を交わすことが重要です。
悪徳業者の中には、予定外の工事を「事前に伝えた」と言い強引に進めてしまう業者もあります。
工事完了後、請求書に身に覚えのない工事費用が含まれていることもあるため、どんな小さな工事も契約書を作成してもらいましょう。

 

注意したいこと⑥施工実績が豊富な業者を選ぶこと

施工実績の数は、業者を選ぶ1つの目安となります。

優良な業者であれば、ホームページなどに施工実績や実例などが掲載されているのが一般的です。
実績の高い業者は、知識や技術も豊富なので、信頼できると言えるでしょう。
ただし、中には嘘の実績を掲載している場合もないとは言えません。

少しでも疑わしい場合は、ホームページだけでなく口コミなども参考にしてください。

 

ポイントを押さえておけば浴室リフォームも格安でできる

いかがだったでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、格安で浴室リフォームする方法と業者選びのコツについてご理解いただけたと思います。

高額になりがちな浴室のリフォームも、ある程度の知識があれば費用を抑えることができます。
どんな業者もすぐには信用せず、業績や見積もり内容をしっかりと確認した上で契約することが大切です。

ご家庭の浴室リフォームにどれくらいの費用がかかるのか検討したい方は、弊社へお問い合わせ頂きますと無料でお見積りさせていただけます。是非、お問い合わせください。

関連記事

浴室をリフォームする際にかかる費用

マンションの浴槽をリフォームするには?塗装による補修のメリット

ステンレス浴槽の補修のために塗装は有効?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP