水回りをリフォームする際に押さえておきたい注意点

キッチンや洗面台、浴室などの水回りは、家族全員が毎日使うため、他の空間と比べると劣化や傷みが出やすい場所です。
しかし適切な時期に、その時の状態に合ったリフォームを行うことで、通常よりも長く使うことができます。
とはいえ、手間や費用を考えると、そう簡単にリフォームに踏み切ることができない方がほとんどでしょう。

そこで今回は、水回りのリフォームに関するあれこれを分かりやすくまとめました。
これを読めば、リフォームの時期や費用相場、注意点などが丸わかりです!

浴室や洗面所などの水回りの交換時期

水回りは、一般的に10年を過ぎた頃から不具合が出やすくなり、長くても20年経つ頃にはリフォームが必要になってきます。

明らかに本体が壊れて機能しなくなれば、それがリフォームのタイミングとなりますが、目には見えない部分の腐敗や劣化が生じやすいのも水回りの特徴です。
「使えているから問題ない」と使い続けていると、気付いた時には修理ができない状態になっていたり、修理できたとしても非常に高額になる可能性があります。

そういったことを避けるためにも、10〜15年に1度はメンテナンスも兼ねて、水回りを見直すのがおすすめです。

水回りのリフォームにかかる費用相場

一般的に、キッチン・洗面所・トイレ・浴室の4ヶ所をまとめて水回りと呼びます。
それぞれのリフォームにかかる費用相場は、以下の通りです。

キッチン

キッチンのリフォーム費用相場は、50〜120万円です。
ホームセンターなどで安価なキッチンであれば、工事費を含めても50万円ほどで収まります。
壁付けキッチンを対面式に交換するなど、本体ごと場所を移動させる場合は200万円ほどかかることもあります。

洗面所

洗面所のリフォームは、10〜50万円が相場となっています。
ただし、有名メーカーの高機能モデルなどに変更するとなると、本体価格が高くなるため、その分費用もかかると考えておきましょう。

トイレ

トイレを全体的にリフォームする場合は、15〜50万円が相場です。
他の箇所に比べると比較的工事が簡単ですが、和式から洋式に変更する場合は最低でも50〜60万円かかるのが一般的です。
クロスや床も同時に交換するとなると80万ほどかかることもあるため、よく検討しましょう。

浴室

水回りの中で最も費用相場が高いのが浴室で、最低でも60万円程度、高いと200万円以上かかることも珍しくありません。
とくに、ユニットバスではなく在来浴室のままリフォームする場合や、浴槽の材質にこだわった場合は、さらに高額になります。

水回りのリフォームを安くするには

一見、気軽に行うには費用が高いと感じる水回りのリフォームですが、実は安く済ませるコツがあります。
それは、水回りを少なくとも何ヶ所かまとめてリフォームすることです。
基本的には、使い始めてから同じ年数が経過していれば、どの部分も同じだけ劣化していると考えて間違いありません。
何度も工事をする手間も省けて費用を抑えることができるため、一括でリフォームしてしまうのがおすすめです。

こちらの記事では、浴室のリフォームを格安で行う方法をご紹介しています。ご興味ありましたら、是非ご覧ください。

浴室のリフォームを格安で行うには

まとめて行うと安くなる理由

なぜ、水回りのリフォームはまとめて行った方がお得なのでしょうか。
その理由について、分かりやすくご紹介します。

理由①仕入れ値が安いため

水回りのリフォームを1ヶ所ずつではなくまとめて行った方が安い理由は、資材の仕入れ値にあります。
会社としては、まとめて資材を発注する方が仕入れ値が安くなるため、その分リフォーム費用も割引してもらえる可能性が高いのです。

実際、複数ヶ所をまとめてリフォームしたいと考えている方も多く、ほとんどのリフォーム会社がセットプランやパック料金を提案しています。
4ヶ所まとめて100万円台からリフォームできるので、少しでも費用を抑えたいという方は検討してみましょう。
ただし、セット料金にはリフォームに伴って必要となる補修工事などの費用が含まれていない場合があります。

「お得!」と飛びついてしまわず、最終的にいくらかかるかを確認してから契約することが大切です。

理由②諸経費をカットできるため

リフォームに限らず、どんな工事であっても諸経費というのが付きものです。
諸経費とは、製品の価格や工事費などの明確な費用とは異なり、例えば書類の作成費や現場までの交通費など、工事以外にかかるさまざまな費用をざっくりとまとめたコストの総称です。

当然のことながら、工事が増えれば増えるほど書類が必要になり、何度も現場に足を運ぶことになります。
通常であればその度に諸経費がかかりますが、工事を一括して行うことで、諸経費も1回分で済むのです。
諸経費は一律いくらと決まっているわけではありませんが、リフォーム費用の10〜25%を占めている場合がほとんどです。

例えば50万円のリフォームを4回行えば、10万円前後の諸経費を4回支払うことになります。
しかし1回にまとめれば、残り3回分の諸経費30万円は不要になるのです。

実際はこれほど単純ではありませんが、このようにイメージすると分かりやすいと思います。

セットプランで水回りのリフォームを行う上での注意点

水回りのリフォームは、複数ヶ所をセットで行うのがお得とご紹介しました。
しかし、セットならではの注意点もあるため知っておきましょう。

注意点①設備の範囲が限られている

セットプランは割安に設定されていますが、その分自由に選べる部分が少なくなります。

基本的には、業者側がセットプランのために用意した商品以外のものを選ぶことはできません。
「とにかく安いほうがいい!」「自分ではなかなか決められない」という方にとっては、手間もかからずおすすめですが、こだわりのメーカーや導入したい製品がある方にとってはデメリットとなるでしょう。

注意点②工事範囲が事前に決められている

リフォームのセットプランでは、あくまでも「今あるものを新しいものと入れ替える」ために工事が行われます。
そのため、例えば構造上の問題で追加工事をすることになったり、入れ替えたことで内装工事が必要になったりした際の費用は含まれていないのです。

当然、プランの範囲外となった費用は、追加で支払うことになるため、その点についても契約前に確認しておきましょう。
また「壁付けキッチンを対面式に」などレイアウトごと変更する場合も、セットプランは適用されないことが多いため、注意が必要です。

水回りのセットリフォームはどんな人におすすめ?

水回りのセットリフォームは、こんな方におすすめです。

  • とにかく費用を抑えてリフォームしたい
  • 導入するメーカーや設備にこだわりがない
  • できるだけ手間をかけたくない

セットプランは、すでにある程度商品や流れが決まっているため、工事期間も分かりやすくお手軽です。
一方、好きなメーカーや絶対に外せない設備・機能があるというこだわり派の方は、セットプランでリフォームをすると後悔してしまうかもしれません。

しかし、中には希望にぴったり合うセットプランが用意されているケースもあるので、一度会社や施工業者に確認してみましょう。

自分に合った水回りリフォームを探したい方は?

自分に合った水回りのリフォームプランを知りたい方は、まずは複数の会社から見積もりを取ることから始めましょう。
どこにどれくらいの費用が必要になるのか、削れる部分はないかなどの目安になるはずです。

浴室単体でのリフォームを検討している方には、エコバスリフォーム®がおすすめです。
エコバスリフォーム®は、従来の「入れ替えるリフォーム」とは異なり、そのまま長く使うためのリフォームを行っています。

今あるものを壊さず補修・美装するため、ユニットバスの入れ替えと比べると費用も半額以下!
また、浴槽と壁、ドアと床などリフォームする部分を予算に合わせて自由にカスタマイズできるのも魅力です。
通常なら工事期間の長い在来浴室のリフォームも、エコバスリフォーム®なら工期は2日~5日程度。
さらに、浴槽の色や壁・天井・床の柄なども豊富に揃っているので、オーダーで理想のバスルームが作れます。

費用面が心配という方はもちろん、忙しくて時間が取れない方やこだわりがある方も安心して利用できます。

適切な時期を見極めれば、費用を抑えてもきれいな水回りが続く

いかがだったでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、水回りのリフォームに関する情報を知っていただけたと思います。
適切な時期にリフォームをすれば、長く使えるだけでなく、無駄な費用を支払う必要もなくなります。

セットプランやエコバスリフォーム®など、自分に合った浴室リフォームの方法を見つけて、水回りを美しく保ちましょう。

関連記事

団地の浴室塗装における注意点や費用相場とは?

戸建ての浴室をリフォームする方法

浴槽の剥がれを補修できる塗装リフォームとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP