マンションの在来工法やユニットバスの浴室はリフォームできる?

最近、浴槽で嫌な匂いがするようになった、カビが目立つようになってきた、補修が必要に感じるほど劣化している。

10年以上住み続けていると、多くの人が経験する内容です。
浴槽交換やリフォームをするにせよ、何から手をつけたらいいのかわからないのも事実。

今回の記事では、ユニットバスや在来工法の浴室リフォームについて、注意する点やどの程度の期間がかかるのか、またどのようなリフォームがあるのかについて詳しく解説していきます。
さらに、できる限り短期間で浴室リフォームをしたいという人にもおすすめのリフォーム方法を紹介します。

マンションの浴室はリフォームできる?

マンションでも浴室のリフォームはできます。
ただし、マンションは多くの居住者が生活している空間のため、戸建に比べると制約が多いのも事実です。

一般的に浴槽は15年ほどで交換が必要と言われています。15年程度経過したら、リフォームを検討しましょう。
15年も使用していると表面が擦り傷だらけになっていたり床に変色があったり、浴槽が劣化したり、カビが発生したりと毎日のメンテナンスだけでは、対応しきれない状態になってきます。
浴室の床・浴槽・壁が一体型のユニットバス、オーダーメイドの在来工法の浴室でもどちらもリフォームできます。

マンションの浴室リフォームで注意したいポイント

この章ではマンションの浴室リフォームで注意したいポイントを3つ解説します。

  • マンションの共用部分や外観に影響を与えないこと
  • 排水溝や排気ダクトの位置
  • リフォーム後の浴槽の広さ

どれも、リフォームの大きな失敗に繋がる内容ですので、しっかりと読み進めてください。

ポイント①マンションの共用部分や外観に影響を与えないこと

マンションの場合、パイプスペースや外に面した窓やサッシ、玄関は共用部分に該当し、勝手にリフォームできません。

浴室のリフォームの際、「浴室の窓を塞ぎたい」「浴室に窓をつけたい」などの希望がある場合は、まずはリフォーム可能かどうか管理組合に相談を行ってください。
共用部分を勝手にリフォームしてしまうと、管理組合より原状回復が求められ無駄な費用がかかってしまいます。
マンションの外観部分は共用部分であるため、リフォームが出来ない箇所に該当します。
窓やサッシが、共用部分だと知らずにリフォームしてしまいトラブルになる場合もありますので注意しましょう。

ポイント②排水溝や排気ダクトの位置

浴室をリフォームする際、浴室の位置を変更したいと思うことがあります。
床下にスペースがあれば、浴室の移動は可能です。
排水を行うために、勾配が必要となり床下にスペースがあることで勾配を設けられます。

パイプスペースまで、勾配をつけ排水を行えるようにする必要があります。
排気に関しても、排気ルートの変更は可能ですが、梁の下を通らせたり、梁に穴をあけてダクトを通したりすることはできません。

どの位置に浴室を配置したいのか、業者と相談し決めるようにしてください。

ポイント③リフォーム後の浴槽の広さ

リフォームをしたら広い浴室でのんびりしたい、断熱効果の高い浴槽にして節約したいなど、考えただけでもワクワクする気持ちはよく分かります。

しかし、断熱性の高い浴槽にしたところ、浴槽が狭くなってしまったという失敗例があります。
断熱性が高い浴槽は、熱を逃がさないため厚くなります。
結果として、浴槽が狭くなるのです。

こうした失敗をしないためにも、カタログだけで決めずに実際に浴槽を見に行くことをおすすめします。
ユニットバスの規格サイズは10cm刻み。
10cm程度小さくなってもたいしたことはないと思っていても、実際は大きな違いがあり驚く人が大勢います。

特に身長のある方は今までは足が伸ばせていたのに、リフォームしたら窮屈になってしまったと感じるわけです。

マンションの浴室リフォームの種類

マンションの浴室リフォームは、ユニットバスと在来工法2の種類のタイプがあります。

ユニットバスは、床・浴槽・壁が一つのユニットとなって工場で生産されます。
生産されたユニットを現地で組み立てなおします。
床・浴槽・壁が一体となっているため、床はこれ、浴槽はこれといったデザイン指定ができません。

また、床だけ交換したい、浴槽だけ交換したいといったこともできません。
一見不便に思えるユニットバスですが、大量生産が可能であったり、現地での組み立てに高い技術が必要とされなかったりと、コスト面に優位性があります。

在来工法は床から浴槽、壁などすべてがオーダーメイドのタイプです。
大理石やヒノキを使いたい、窓の大きさや場所にもこだわりたい。
そのような人におすすめなのが在来工法です。

すべて自身の希望通りの設計が可能ですが、その分高い施工技術が必要となり、それに伴い費用面でも高くなってしまうデメリットがあります。
しかし、浴槽だけを交換したいといった部分交換にも場合に対応しやすいというメリットもあります。

種類①ユニットバスへのリフォーム

築30年以上のマンションなどでは、ユニットバスではなく在来工法が使われていることが多くあります。

在来工法の浴室だと、「浴室が寒い」「段差が気になる」「お手入れが大変」といった悩みが多く出てきました。
そのため在来工法をユニットバスに交換することで、このような悩みは解決できます。

ユニットバスは、自由な設計は難しくなりますが、毎日のお手入れも簡単で、気密性が高く暖かさを維持できる側面もあります。
リフォームの期間は数日ほど、費用は80〜130万円ほどと考えておきましょう。

種類②在来工法へのリフォーム

古いマンションに在来工法が多く、デメリットも多いというお話しをしましたが、その一方で自分で設計しおしゃれな空間を演出できるため、比較的高い人気を誇る工法でもあります。

近年では中古マンションを購入しリノベーションすることが人気となっており、浴室も自分でデザインしたいという人に選ばれています。

また、こちらの記事では、戸建ての浴室リフォームの種類をご紹介しています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

戸建ての浴室をリフォームする方法

ユニットバスのリフォームにかかる期間

古くなったユニットバスをリフォームするのにかかる期間について説明します。

ユニットバスのリフォームでは最短で4日間で完了します。
※請負メーカーなどによって多少の前後はありますので目安として理解しておいてください

また在来工法からユニットバスへのリフォームの場合、1週間程度の工期がかかると思っておいてください。

古くなったユニットバスから、新しいユニットバスへリフォームする場合の工期

スケジュール 工事内容 浴室の利用
1日目 既存のユニットバス解体給排水工事他 利用不可
2日目 新ユニットバス組み立て 利用不可
3日目 給排水接続工事他 利用可
4日目 クロス等張替 利用可

在来工法のリフォームにかかる期間

在来工法のリフォームでは最短で6日間で完了します。
※請負メーカーなどによって多少の前後はありますので目安としてご認識ください

在来工法だと、養生日があるためユニットバスより工期がかかります。
また在来工法から在来工法の場合、10日〜20日ほどの工期がかかることを想定しておきましょう。

在来工法からユニットバスへのリフォームにかかる場合の工期

スケジュール 工事内容 浴室の利用
1日目 解体工事 利用不可
2日目 給排水工事他土間打ち(コンクリート固め) 利用不可
3日目 養生日 利用不可
4日目 新ユニットバス組み立て 利用不可
5日目 給排水接続工事他 利用可
6日目 クロス等張替 利用可

リフォーム期間を短縮したい場合は?

もし、リフォームの工期を短くしたいという場合、「エコバスリフォーム®」も検討してみましょう。
エコバスリフォーム®とは、浴槽の塗装や床シートの張替えによるリフォームです。
ユニット全体を交換しないため、費用も抑えられます。

「それなら自分でDIYをやります!」と思う方もいるかもしれませんが、水回りである浴室のDIYを経験・知識がない方が実施するのは、おすすめできません。
経年で水漏れが発生したり、その結果カビが発生したりといったリスクが懸念されるためです。

自分でDIYを試みた結果、専門業者に依頼することになったという声は後を経ちません。
エコバスリフォーム®を実施する場合、かならず専門業者に依頼するようにしましょう。

エコバスリフォーム®なら、長くても3日程度、最短であれば1日でリフォームが完了します。

マンションの浴室リフォームを成功させるポイント

いかがでしたでしょうか。
今回はマンションにおける浴室のリフォーム方法について解説しました。

マンションで使われている、在来工法やユニットバスの浴室でもリフォームが可能です。
浴室は15年を目途にリフォームを検討する必要があります。
どんな浴室にするのか、ご自身やご家族の希望を話し合い理想の浴室を手に入れたいものです。

そのためには、今回記事にて解説をした次の点に注意することを忘れないようにしてください。

  • マンションの管理組合にリフォーム申請を行う必要があるのか?
    ※事前に業者と作業内容について確認をしておきましょう
  • 在来工法で実施するのか、ユニットバスにするのか?
  • 何日間浴室を利用できなくなるのか、真夏に計画しても大丈夫なのか?

在来工法でもユニットバスでも、3日間前後は浴室が使用できなくなるので、家族でリフォームのタイミングを話し合いましょう。

もし、短期間での浴室リフォームをご希望なら、「エコバスリフォーム®」を検討するのがおすすめです。

関連記事

浴槽に黄ばみが出た際の解消方法とは?交換や塗装にかかる費用

浴槽の剥がれを補修できる塗装リフォームとは?

浴室タイルの入れ替えと塗装の判断基準とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP