床の割れ・たわみ・きしみの補修!

こんにちは、マーケティンググループPH推進課松岡です。

浴室の床などがきしんだり割れたりしたときの工事方法を紹介します。

施工前の床
たわんで割れています。

床を開口して束を入れて木を組んで補強します。

今回は床の補強がほぼなくなっていたので大きく開口しています。

開口した部分に蓋をしてできるだけ不陸をなくすためパテをします。

蓋をして・・・
パテを施し、仕上げの準備をします。

そしてボンドを塗って床材を貼れば工事完了です。

凹凸のない、綺麗な床に仕上がります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


執筆者 : 松岡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP